アルバム

Super Rare Trax スーパー レア トラックス シリーズ

Super Rare Traxシリーズは、まさにタイトルどおり曾我泰久のレアをCDに詰め込んで、すぐ皆さまのお手元にお届けすることをテーマにスタートしました。
曾我泰久の今感じていること・・・ 今歌いたいこと・・・
リアルタイムで今をお届けします。

「Super Rare Trax Vol.5 ナンバーファイブ (ナンバーファイブ)」

曾我泰久、野村義男コンビによる書き下ろし作品2曲を含む、スーパー レア トラックス シリーズ第5弾!!
SOGA WORLDが4曲に凝縮された必聴の1枚です!!

ジャケット写真
「Super Rare Trax Vol.5 ナンバーファイブ (ナンバーファイブ)」
SRT5/¥1,500(税込)/2002年5月

≪収録曲≫
試聴 1. ハダカノココロ :words by Yasuhisa Soga
試聴 2. どれ位・・・  :words by Yoshio Nomura
試聴 3. Holy night  :words by Yoshio Nomura
試聴 4.「秘密」  :words by Yasuhisa Soga
all music by Yasuhisa Soga


試聴…試聴には Real Player が必要です。ダウンロードはこちら

Linner Notes

『ハダカノココロ』
この曲はかれこれ4~5年前にとあるバンドのディレクターから依頼を受けて書いた曲。結局この曲は採用にはならなかったんだけど、いつか自分で発表したいと思っていて、アレンジと曲構成を変えて、今回の「N°5」のオープニング曲として生まれ変わりました。人生たった一度!常識に縛られず、ココロから楽しまないとね!

『どれ位・・・』
この曲はメロディーが出来た時ピンと来て、すぐに作詞を野村義男君にお願いしたんだけど、予想以上の詞を書いてくれて・・・ほんと気に入ってます。実は渡したデモテープは8小節パターンのサビを2度繰り返したワンハーフのサイズで渡したんだけど、それをワンコーラスと勘違いして詞を書いてきてくれて・・・ でも結果、どれ位・・・という詞の意味がより強調されて世界が広がりました。今までの僕の作品の中にありそうでなかったタイプではないかな?

『Holy night』
これも義男が詞を書いてくれて、最初に読んだとき胸が熱くなりました。イントロで使用しているエレキシタールがいい味を出しているでしょ!この曲は最初、ピアノとストリングスがメインのバラードで作っていて、そのままでも良かったんだけど、あまりにもまとまり過ぎてしまって・・・
そしていろいろといじっているうちにリズムが入って、コーラスを重ねてこの音に落ち着きました。そして今回もレコーディングに使ったアコースティックギターは、城戸さん所有のヤマハの74年製のオールドギター。またまたいい音を出してくれました!!

『「秘密」』
イントロからして今までになかったタイプでしょ。コーラスだけで15トラック以上使用していて、今回もスタジオでひとりでこつこつと地道に重ねていきました(笑) 曲の中盤から出てくるサンプリングのループドラムは最初、微妙にグルーブ感があわず、音の波形をちょっとずつズラしていって、絶妙なビート感に。コンピューターのすごさに感動!この曲の仮タイトルは「AOR」。おおまかに言うと大人のための曲っていうような意味でしょうか。

アルバム


シングル/マキシ・シングル


ビデオ/DVD